HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】平均乖離率は約8.2%‐薬価調査の速報結果報告

2013年12月9日 (月)

 厚生労働省は6日、現行薬価と市場取引価格の開きを示す平均乖離率が、9月取引分で約8・2%だったとする薬価本調査結果の速報値を、中央社会保険医療協議会総会に報告した。前回調査に比べて薬価の開きは0・2ポイント縮小した。流通安定のための調整幅を2%とすれば、調査に基づく薬価引き下げ率は約6・2%となる。具体的な下げ幅については公表していない。

 今回の薬価調査で報告されたのは、9月取引分について、販売サイドから10月29日までに報告があったものの集計結果。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録