HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医療部会/医療保険部会】大薬局の調剤報酬適正化‐14年度改定方針まとまる

2013年12月9日 (月)

未妥結対応も将来課題に

 社会保障審議会医療部会と医療保険部会は6日、2014年度診療報酬改定の基本方針をまとめた。効率化余地があると思われる領域を適正化する視点の項目には、支払側委員等から要求されていた「大規模薬局の調剤報酬の適正化」が盛り込まれた。

 14年度改定の基本方針をめぐっては、11月22日の医療部会、同29日の同医療保険部会で、支払側委員等が「未妥結のまま医薬品を納入し、利益を上げている大手チェーン調剤薬局の利益率が高い」と問題視。調剤報酬の引き下げを効率化余地の視点に盛り込むよう要求していたが、最終的に基本方針に規定されることになった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録