HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【JACDS】「来年は激変の年に」15年で記念事業展開

2013年12月10日 (火)

関口氏

関口氏

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は4日、会見を開き、今年1年間の活動報告と今後の事業計画を発表した。関口信行会長は今年1年を振り返り、一般薬のインターネット販売の問題など、「様々なことがあった」とし、来年のドラッグストア業界に関しては「大変な年になると想定している」と語った。宗像守事務総長は来年、JACDSが設立15年を迎えることに触れ、これまでの15年を振り返ると共に、今後の5年、10年を見据えた出発となる記念の年と位置づけ、各種の事業を展開していくとした。

 関口氏は今年1年に関して、「一般薬のネット販売に関して、1月11日に最高裁で国が敗訴したことから始まり、その後、ルール作りの検討会が開かれ、11月から始まった臨時国会に薬事法改正案の提出となった。その中で、要指導医薬品というものが新たな分類で入った」と説明。法律に関しては、「来年4月に施行になるだろう」とし、「われわれの業界にもいろいろと大変な問題が出てくると思う」と述べた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録