HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【塩野義製薬】20年度の売上目標5000億円‐新中計で成長戦略示す

2014年3月31日 (月)

手代木社長

手代木社長

 塩野義製薬は28日、2020年に向けた成長戦略となる新中期経営計画「Shionogi Growth Strategy2020(SGS2020)」を発表した。トップラインの成長として販売エリア、疾患領域の選択と集中を推進すると共に、ボトムラインの成長として継続的な事業運営の強化を進めていく方針で、20年度の連結経営目標には売上高5000億円、研究開発費1000億円、経常利益1250億円、株主資本利益率(ROE)15%を掲げた。

 塩野義の現中計は10年度から14年度まで5カ年を対象としているが、外部環境の変化に加え、同社米国事業のモデル転換、抗HIV薬に関するヴィーブ社との契約枠組みの変更、主力の高コレステロール血症治療薬「クレストール」の特許切れ影響を緩和するために導出先のアストラゼカとロイヤリティー契約を変更したことなどによって前提条件が大きく変わったため、1年を残して経営目標を見直した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録