HOME > 無季言 ∨ 

「アフリカ」を視界に

2014年4月16日 (水)

◆第一三共の中山讓治社長が、印ランバクシーを買収して良かった点について、「ジェネリック医薬品、東欧・南米・アフリカのビジネスを学べたこと」を挙げた。今回のサンファーマ合併で頓挫してしまったが、第一三共が目指したハイブリットビジネスには「アフリカ」も視界に入っていた
◆製薬企業は、日米欧の3極にとどまらず、新興国市場にリーチを広げる。ただ標準化されたグローバルビジネスだけで各国市場を攻略できるほど甘くない。真のグローバル化は、いかに現地化した事業戦略を描けるか
◆英GSKがアフリカに戦略的投資を行うと発表した。アフリカ地域に多い非感染症疾患を対象とした世界初のR&Dオープンラボを設立。生産拠点の拡大、アフリカの大学に研究講座設置、医療従事者への教育機会の提供と、研究から医療まで支援が幅広い
◆アフリカに必要な治療薬を、現地で研究から開発、生産まで担う体制構築を本気で目指している。日系製薬企業の経営計画にいつ「アフリカ」という文字が書けるのか。世界はまだ遠い。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録