HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】ゼプリオンにブルーレター‐販売5カ月で21人死亡、因果関係は不明

2014年4月21日 (月)

 厚生労働省医薬食品局安全対策課は17日、ヤンセンファーマの統合失調症治療薬「ゼプリオン水懸筋注25mg、50mg、75mg、100mg、150mgシリンジ」(一般名:パリペリドンパルミチン酸エステル持効性懸濁注射液)を使用した患者が昨年11月の販売開始から今月16日までの5カ月で21例に上ったことを受け、過量投与などの注意喚起を求める安全性速報(ブルーレター)を配布し、医療現場に周知するようヤンセンに指示した。

 同剤は、ドパミンD2受容体拮抗作用およびセロトニン5-HT2A受容体拮抗作用に基づく中枢神経系の調節により、統合失調症の症状を抑制する。4週間に1回の筋肉注射で効果が持続するのが特徴。昨年11月19日から今月15日までに、推計で約1万0900人が使用している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録