HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【理研チーム】次世代ADモデルマウス開発‐新規リソース基盤とし期待

2014年4月24日 (木)

 理化学研究所の神経蛋白制御研究チームは、既存のアルツハイマー病(AD)モデルマウスよりAD患者脳内のアミロイド蓄積を忠実に表す次世代ADモデルマウスを開発した。このモデルマウスは、既存モデルマウスに代わって世界標準になる可能性があり、未解明のAD病態メカニズムの解明や、予防・治療のための創薬や診断法の開発など、臨床応用の研究に欠かせないリソース基盤になるものと期待できる。

 ADのモデル動物を作る場合、これまでアミロイドβ(Aβ)の前駆体であるアミロイド前駆体蛋白質(APP)の遺伝子変異が同定されているため、APPを過剰に発生させたAPP過剰マウス(第1世代APPマウス)を使用してきた。しかし、過剰発現したAPPが強い記憶障害などを引き起こし、また脳内のAβ蓄積もAD患者との類似性が低いなどの課題があった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録