HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省インフルエンザワクチン検討会】今冬の需要は約2000万本

2007年7月2日 (月)

 厚生労働省「インフルエンザワクチン需給検討会」は6月28日、今年度のワクチン需要予測とワクチンの安定供給対策をまとめた。今冬のワクチン需要を1940万本02080万本と推計した。また安定供給対策としては、医療機関からの過剰注文を防ぎ、卸売販売業者が保有する在庫の流動性を高め、仮需から実需への転換によるワクチン偏在の解消を目指していく。

 昨シーズンの需要は、2150万本02280万本と予測されたのに対し、2518万本が製造された(3月末時点)。そのうち医療機関で使用されたのは1877万本で、前年同時期と比べると、55万本(2・8%)の減少であった。医療機関からの返品数は製造量の6・2%に当たる157万本で、前年度の4・6%に比べて多かった。未使用のワクチンは約640万本あった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録