HOME > 無季言 ∨ 

チーム医療にどう関与していくか

2014年5月30日 (金)

◆チーム医療に薬剤師がどう関与していくか。治療満足度が低い疾患領域で新薬が登場し、治療法が拡大するにつれ、薬剤の使い方も複雑になる。患者に応じて最適な投与量や投与タイミングが違う。そんなときに薬剤師の知識が生きる
◆「薬剤師には臨床現場に進出してほしい」と語るのは、先日取材した大学病院の小児科医。もはや医師だけでは治療を完結できず、様々な職種が持つ専門性を結集させる重要性を説く
◆医師、薬剤師は異なる個性を持ったスペシャリスト。そこに看護師やケアマネージャーが加わり「各自ができることを確実に遂行する」ことでチーム医療が実現される。大事なことは、微細な患者の状況でも共有する連携体制、そして薬剤を渡す際に患者に一言声かけをしようとする気持ち
◆チーム医療は医療従事者に限った話ではない。無季言子も記事を書くことでより良い医療環境づくりにかかわることができる。誰だってできることはある。患者、家族、医療従事者にとどまらず、地域・社会全体がチームになれることを願う。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録