HOME > 無季言 ∨ 

医療ドラマでの薬剤師

2014年6月25日 (水)

◆テレビドラマを見ると、「刑事もの」「医療もの」が目立つ。どちらもドラマには欠かせない緊迫感や、謎解き要素も手伝って、題材として扱いやすいのだろう
◆医療ものでいえば、「白い巨塔」「救命病棟24時」「振り返れば奴がいる」など、枚挙に暇がない。天才的な医師が現れ、どんな難しい手術であっても、必ず成功を収め、患者を救う。そういうシーンを幾度ともなく見た
◆医師にとどまらず、看護師や介護士などのコメディカル職にフォーカスした作品もある。しかし、その中において薬剤師を主演にしたドラマは一切見たことがない。出てきたとしても、その薬剤師は端役であり、大きく取り上げられるのは皆無に近い。今や医療人として、在宅や病棟で職能を拡大し、現場に進出していこうとしているのに。医療ドラマ全盛の時代にあっても、扱いが地味すぎる
◆最近はマンネリ化してきた感が否めない医療ドラマ。だからこそ、患者の側で医療を支える薬剤師のドラマは、高視聴率を狙えるはずだと思う。ぜひ実現を。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録