HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

7成分9品目をDPC除外

2007年7月11日 (水)

 中央社会保険医療協議会の診療報酬基本問題小委員会は11日、DPCでの高額な薬剤等の対応策を協議し、2005年11月以降に収載された薬剤のうち、マイロターグ注射用5mgなど7成分9品目について、DPC対象病院であっても包括評価から除外し、出来高算定することを了承した。

 診療基本小委で了承された医薬品は次の通り。

 ▽マイロターグ注射用5mg(一般名:ゲムツズマブオゾガマイシン、適応症:再発または難治性のCD33陽性の急性骨髄性白血病)
 ▽テモダールカプセル20mg・同100mg(テモゾロミド、悪性神経膠腫)
 ▽ベルケイド注射用3mg(ボルテゾミブ、再発または難治性の多発性骨髄腫)
 ▽アリムタ注射用500mg(ペメトレキセド、悪性胸膜中皮腫)
 ▽ドキシル注20mg(ドキソルビシン、エイズ関連カポジ肉腫)
 ▽レミケード点滴静注用100(インフリキシマブ、ベーチェット病による難治性網膜ぶどう膜炎)
 ▽アバスチン点滴静注用100mg、同400mg(ベバシズマブ、治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌)

 今後、これら薬剤を使用した場合は出来高算定となるが、次回の08年度改定までの暫定措置であり、次回改定では原則として、包括評価に戻すとしている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録