HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】指定外薬物の規制検討‐脱法ドラッグ対策を強化

2014年7月17日 (木)

 脱法ドラッグの影響と見られる事件や事故が相次いでいることを受け、田村憲久厚生労働相は11日の閣議後の記者会見で、「精神毒性があり、薬事法上、問題があるものに関しては対応していく」と述べ、指定薬物を含んでいない製品であっても、中枢神経に影響を与える物質などについては、規制対象にするよう検討していることを明らかにした。

 これまで厚労省は、薬事法で販売や所持、使用が禁じられている指定薬物を含んだ脱法ドラッグを取り締まってきた。

 ただ、販売業者の中には、指定外の成分を含んだ製品を販売し、摘発を逃れるケースが増えており、脱法ドラッグが指定薬物になっていなくても、幻覚などを引き起こすおそれがあると鑑定された場合は、薬事法で販売が禁止されている無承認医薬品として取り締まることができるかどうかの検討を進める。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録