HOME > 無季言 ∨ 

新人薬剤師の退職理由から見えるもの

2014年7月18日 (金)

◆「苦労して採用したのに、とんでもない理由で早期に退職する薬剤師がいるので頭を抱えてしまう」。薬剤師不足が続く中、多店舗展開に取り組む、あるチェーン薬局の採用担当者からそんな嘆きを聞いた
◆採用した薬剤師を集合研修に送り込んだ。研修期間は約3週間。研修用に会社が用意した部屋はペットの飼育が禁止されていた。「ずっと飼っている猫と離れたくないので辞めます」。その薬剤師は去っていった
◆ある薬剤師を店舗に配属した。その店舗では定期的に薬局周囲の草むしりをしていた。「草むしりをするために薬剤師になったのではない」。憤慨したその薬剤師は退職したという
◆新人の早期退職は他の業界でも見られるが、それとは次元が異なるのではないか。多くの薬剤師は常識を備えているだろうし、紹介した事例は極端だとしても、需要と供給の偏りが薬剤師の増長を促しているのだとしたら問題だ。いずれ薬剤師不足は緩和する。将来は選別される側に立たされるという危機意識を持ち、認識を改めるべきだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録