HOME > 無季言 ∨ 

調剤室から患者のそばへ

2014年8月8日 (金)

◆政府の骨太の方針では、薬価調査・薬価改定のあり方に注目が集まったが、薬剤師の業務のあり方にも言及している
◆「医薬分業の下での調剤技術料・薬学管理料の妥当性・適正性について検証すると共に、診療報酬上の評価において、調剤重視から服薬管理・指導重視への転換を検討する」と記載された部分だ
◆これは、調剤した医薬品が適正に服用されているか、服用した患者の症状がどうなったのかを確認するという業務の原点に立ち返らせる方針といえる。在宅やセルフメディケーションの例を挙げるまでもなく、薬剤師の業務は調剤室ではなく、患者のそばに移っていかざるを得ない流れにあることを示している
◆この部分には続きがあり、「その際、薬剤師が処方変更の必要がないか直接確認した上で、一定期間内の処方箋を繰り返し利用するリフィル制度について、医師法との関係に留意しつつ、検討する」ことも明記されている。制度が実現すれば、薬物療法における薬剤師の役割と責任はより大きくなるが、まずは、エビデンスの集積が必要だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録