11月1日に漢方薬シンポジウム2014 奈良県、奈良県立医科大学

2014年9月22日 (月)

 漢方薬シンポジウム2014=奈良県、奈良県立医科大学は同シンポジウムを「糖尿病と漢方~糖尿病治療の最前線と漢方の考え~西洋医学と東洋医学のスクラムで日本の医療を世界最高水準に」をテーマに11月1日午後1時半から、奈良市の奈良県民文化会館国際ホールで開催する。参加費は無料。

 基調講演では、全国で2050万人に達する糖尿病患者とその予備群がいると推定される中、糖尿病治療の最前線の話に加え、パネルディスカッションでは漢方の考え方も加味した治療、予防、合併症の軽減などについて議論する。

 ▽基調講演:糖尿病治療の考え方とその最前線=石井均氏(奈良県立医科大学糖尿病学講座教授)

 ▽パネルディスカッション:糖尿病治療の最前線と漢方の考え方[コーディネーター=三谷和男氏(奈良県立医科大学大和漢方医学薬学センター特任教授:医師)]

 パネリスト=石井均氏、小西英玄氏(奈良県手をつなぐ育成会理事長:薬剤師)、鵜山美樹氏(奈良県立医科大学附属病院看護部:看護師)、野坂雄治氏(奈良市立奈良病院栄養室室長:管理栄養士)、栃岡佳樹氏(済生会奈良病院リハビリテーション部技師長:理学療法士)




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録