10月25、26日に第14回レジデンシャルケア研究会議

2014年9月22日 (月)

 第14回レジデンシャルケア研究会議=「“地域にねばる”を実践させるレジデンシャルケア―一体改革法案の今後と課題」をテーマに10月25、26の両日、長野県上田市の上田東急インで開催される。

 今回は行政担当者、実践者、医師会、研究者らによるシンポジウムなどを通じて、今年度の診療報酬改定から医療法・介護保険法一体改革法、さらに来年度からの第6期介護保険事業計画(地域包括ケア計画)につながる一連の転換に対して、事業者として今後どのような経営戦略を立てるのかを討議する。

 その中で、厚生労働省保険局の渡辺由美子医療介護連携政策課長(医政局、老健局併任)の「一体改革と医療・介護連携」、医療法人博仁会理事長の鈴木邦彦氏(日本医師会常務理事)の「医療法人が取り組む地域包括ケア」など4題の講演が予定されている。

 また、「信州発“地域にねばる”を実践させるレジデンシャルケアとは」をテーマにしたシンポジウムでは、厚労省老健局高齢者支援課の懸上忠寿課長補佐、地元の井益雄氏(井内科クリニック)らがシンポジストを務める。

 参加費は8000円、定員は250人。

 問い合わせは同大会事務局(恵仁福祉会高齢者総合福祉施設内「第14回レジデンシャルケア研究会議」事務局、TEL0268・72・2781/FAX0268・72・4702)まで。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録