HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【塩野義】急性冠症候群治療薬シーズ、英AZ子会社へ導出

2014年10月14日 (火)

 塩野義製薬は8日、自社で見出した急性冠症候群を対象とする新規バイオ医薬品創製プログラムについて、英アストラゼネカ(AZ)子会社のメディミューン社に全世界における権利を許諾するライセンス契約を締結したと発表した。現在の開発ステージはかなり早期だが、製品化後はAZが全世界で販売する。塩野義は日本での共同販売権を行使することができる。

 急性冠症候群は心筋への酸素や栄養の供給が不足して引き起こされる不安定狭心症や急性心筋梗塞などの諸症状の総称。冠動脈内に形成されたプラークが破裂して血栓が生じて血流が減少することが原因と考えられている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報