【新製品】C型慢性肝炎治療薬「バニヘップカプセル150mg」、不眠症治療薬「ベルソムラ錠15mg、同20mg」 MSD

2014年12月3日 (水)

 MSD=C型慢性肝炎治療薬「バニヘップカプセル150mg」(一般名:バニプレビル)と不眠症治療薬「ベルソムラ錠15mg、同20mg」(一般名:スボレキサント)を発売した。

 バニヘップは第2世代のプロテアーゼ阻害剤で、ウイルス複製に関わる酵素を阻害する。ペグインターフェロンアルファ‐2b、抗ウイルス剤「リバビリン」との3剤併用で日本人C型肝炎患者の約70%を占めるジェノタイプ1型のC型慢性肝炎に効果を示す。血中ウイルスが高値の未治療患者、インターフェロンを含む治療法の再燃患者に1回300mgを1日2回、12週間経口投与する。インターフェロンを含む治療で無効の患者には、1回300mgを1日2回、24週間経口投与する。

 ベルソムラは、世界初のオレキシン受容体拮抗薬。覚醒を維持する神経伝達物質「オレキシン」と受容体の結合を阻害して過剰な覚醒を抑制し、生理的なプロセスで入眠をもたらす。

 通常、成人に1日1回20mg、高齢者には15mgを就寝直前に投与する。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録