HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ケーエスケー】服部社長「地域に必要とされる卸へ」‐近畿で20年に市場シェア25%

2014年12月9日 (火)

服部保氏

服部保氏

 バイタルケーエスケー・ホールディングス(VKHD)の事業会社として近畿2府4県を市場に展開する医薬品卸のケーエスケー。7月1日付で代表取締役社長に就任した服部保氏は、「キーワードは地域密着。ケーエスケーは2府4県に特化し、この地域になくてはならない卸と評価され、認められる卸になりたい。そうした部分を大事にしながら当社のファンを増やしていきたい」と抱負を語る。

 服部氏は、2003年に三井住友銀行から出向の形で執行役員財経部長として赴任。「医薬品卸業は面白い業種」と感じ、その1年後に転籍。取締役財経部長、09年VKHD取締役(管理担当)、12年ケーエスケー取締役管理本部長(経営企画担当)を歴任。10年以上管理部門からの視点で同社の業務に携わる。今年5月の連休明けに、当時の深田一夫社長(現会長)から社長就任を要請された。「まさに、青天のへきれき。営業経験がないことへの不安もあったが、様々な社員の人たちに協力してもらうしかない」と腹をくくったという。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録