HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本臨床薬理学会学術総会】モニタリング、施設ごとに対応‐海外の研究者主導臨床研究

2014年12月10日 (水)

田代氏

田代氏

 研究者主導臨床研究について欧米でも法令上、モニタリングや監査について詳しい内容を規定していない――。昭和大学研究推進室の田代志門氏は、4~6日に松山市で開かれた日本臨床薬理学会学術総会でそう語った。「研究や施設に応じた多様性を許容しているというのが大原則」と指摘。規制当局による査察の可能性が、その実効性を担保していると解説した。

 田代氏らは、日本における研究者主導臨床研究の法規制をめぐって、関連研究班の一員として、米国、英国、フランスの3カ国における研究者主導臨床研究に対する規制、特にモニタリングと監査にかかわる法令上の規定を調査した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録