HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

皮内テストの試薬で壊死‐評価機構が報告書

2015年1月8日 (木)

水酸化ナトリウムが要因

 日本医療機能評価機構は、昨年7月から9月までの医療事故情報等をまとめた報告書を公表した。新たなテーマとして、患者のアレルゲン検査時に、水酸化ナトリウムが成分に含まれるステロイド剤「水溶性ハイドロコートン注射液」を用いて皮内テストを行ったところ、皮膚壊死を起こした事例1件が報告された。

 医療機関では、患者が何らかのアレルギー反応を起こしたことのある薬剤、化粧品等のアレルゲンを特定するため、アレルギーテストが行われる。ただ、アレルゲンを検査する時、皮内テストに用いた水溶性ハイドロコートンに含まれる水酸化ナトリウムで皮膚壊死を起こした事例1件が報告された。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録