HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ライフサイエンス知財フォーラム】荒井元特許庁長官、知財制度の国際化提言‐「世界市民」視野に戦略を

2015年2月20日 (金)

 元特許庁長官の荒井寿光氏は17日、都内で開かれたライフサイエンス知財フォーラムで講演し、生み出される新薬のトレンドが低分子化合物からバイオ医薬品にシフトする中、「知財戦略の役割も変わってくる」と指摘。国際競争が激化する時代に、日本の知財を“数から質へ”攻めに転じる必要があるとし、「地球規模の知財問題に対応するため、世界市民のための特許を考えていかなければならない」と述べ、国際化に対応する医療知財戦略センターの設置を提言した。

 荒井氏は、新薬開発の動きが低分子化合物からバイオ医薬品にシフトし、「特許戦略も物質特許だけでなく、製造特許などが大切になる。知財の役割が変わる状況をうまく生かした企業が勝ち残っていくだろう」との考えを示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録