HOME > 無季言 ∨ 

ピロリ菌の種類

2006年5月10日 (水)

◆胃内にいる細菌、ヘリコバクター・ピロリは、胃潰瘍や胃癌の発症に深く関わっている。最近の研究から病原性の正体が次第に明らかになってきた
◆ピロリ菌には、CagA遺伝子を持つものと持たないものがある。CagA遺伝子を持つタイプは病原性が強い。ピロリ菌から細胞内に送り込まれたCagA蛋白が、脱リン酸化酵素SHP‐2に結合して活性化させ、細胞の異常増殖を引き起こすためと考えられている
◆近年、CagA遺伝子にも、様々なタイプのあることが分かってきた。SHP‐2との結合部位であるCサイトを一つ持つもの、二つ持つもの、三つ持つもの、これとは別のDサイトを持つものなどがある。SHP‐2との結合力は、この順に強くなり、病原性も増してくる
◆欧米では、Cサイトを一つ持つピロリ菌が多いのに対し、日本ではDサイトを持つタイプが大半を占めるという。同じCagA遺伝子でも本質的に異なり、日本に胃癌患者が多いのは、こうした違いに起因すると言われている
◆ピロリ菌の中にはDサイトを二つ持ち、強力な病原性を示すタイプもあるというから要注意だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録