HOME > 無季言 ∨ 

波紋の国試、深刻なのは

2015年4月17日 (金)

◆第100回薬剤師国家試験の結果が、各方面で波紋を呼んでいるようだ。何とか60%台を維持したが、補正対象問題11問と不適切問題3問の合わせて14問が全員正解扱いとなった。これにより、合格率、合格者数のアップにつながった可能性が指摘されている
◆本紙では合格発表前、予備校のデータをもとに、既卒者を含めた受験者全体の合格率は50%台に落ち込むのではないかと報じたが、厚労省による「調整」がなければ、「意外にいい線」だったのではないだろうか
◆今回の国試は、1万6546人の出願に対して、実際に受験したのは1万4316人。2230人が出願はしたものの、何らかの理由で受験していない。出願者数と受験者数の差は、私立大学で大きく、大学側による「調整」も疑われる
◆二つの「調整」によって、合格者数、合格率ともに維持されたとの見方があるようだが、深刻なのは学生の質の低下だ。定員を大幅に削減し、適正な人数にした上で、国試対策に追われない教育を受けさせるようにすべきではないか。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録