HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【エーザイ】真菌性菌腫治療薬、DNDiと共同開発

2015年9月17日 (木)

 エーザイは、自社創製の抗真菌剤「ホスラブコナゾール」について、真菌性菌腫の新規治療薬として、スイスの非営利団体「DNDi」と共同開発する契約を締結した。2016年にスーダンで第II相試験を開始予定。

 真菌性菌腫は、世界で最も顧みられない病気の一つであるマイセトーマ(菌腫)の一種で、アフリカ大陸などの熱帯・亜熱帯地域、特にスーダンで広く蔓延している。現在使用されている真菌性菌腫の治療薬は高価である上に毒性が強く、12カ月の投与で患者の約30%しか治癒しないといった課題がある。エーザイは、真菌性菌腫が蔓延している地域にホスラブコナゾールを供給し医療ニーズを満たすことで、中間層の市場を誕生させ、新たな商機を得たい考えだ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録