HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アレルギー対策協議会】専門性ある薬剤師育成を‐喘息吸入器具の複雑化背景

2016年2月15日 (月)

 厚生労働省は12日、「アレルギー疾患対策推進協議会」を開き、アレルギー疾患対策の現状や課題について参考人や委員の専門家から意見を聞いた。その中で気管支喘息をめぐっては、吸入薬の器具が複雑化し、医師が外来で指導できる範囲を超えているとの指摘があり、専門的な教育を受けた薬剤師や日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会認定のアレルギーエデュケーターなどの人材育成の必要性が指摘された。

 参考人として出席した国立病院機構福岡病院の西間三馨名誉院長は、昨年施行されたアレルギー疾患対策基本法について、国のアレルギー施策を長期的、継続的な視点で確立させるものとし、その内容の充実と実行を要請した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録