HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬価本調査】乖離率の最終値公表

2007年12月25日 (火)

 薬価本調査による乖離率が、最終集計値が速報値より0.4%高い約6.9%となったことで、市場でのシェアが大きい血圧降下剤などで乖離率が速報値より1ポイント以上も高くなった薬効群もあった。

 厚生労働省によると、データを精査した結果だという。

 内用薬の変動が大きく、主なもとしては、血圧降下剤7.3%(速報値:5.7%)、消化性潰瘍用剤7.9%(6.9%)、血管拡張剤7.8%(6.1%)、高脂血症用剤7.8%(6.5%)、その他のアレルギー用薬7.8%(6.4%)など。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録