HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

今こそ“薬局の役割”考える時‐「宮城薬剤師学術フォーラム」から

2016年12月13日 (火)

基調講演の生出氏(右)も加わってのパネルディスカッション

基調講演の生出氏(右)も加わってのパネルディスカッション

 昨年10月に国が策定した「患者のための薬局ビジョン」は、患者や住民から真に評価される医薬分業の速やかな実現、健康サポート機能の発揮を目的としたもので、これに沿って現在、「かかりつけ薬剤師・薬局」の推進が図られている。先月、仙台市の東北医科薬科大学で開かれた「宮城薬剤師学術フォーラム2016」(宮城県薬剤師会の主催、宮城県病院薬剤師会の後援)では、『患者のための薬局ビジョン~「門前」から「かかりつけ」、そして「地域」へ』をテーマとしたシンポジウムが企画され、薬局・薬剤師がより一層、本来の職能や役割を発揮していくための課題などが、開局・病薬関係者らも交えて活発に討論された。

“かかりつけ”は患者が決定‐求められる専門性と「信頼感」

 シンポジウムでは、前日本薬剤師会副会長(前宮城県薬会長)の生出泉太郎氏が「これからの薬剤師・薬局の役割」と題して基調講演を行い、その後のパネルディスカッションでは、宮城県保健福祉部薬務課課長の宮城英徳氏、うえまつ調剤薬局の轡基治氏のパネラー2氏に、生出氏が加わった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録