HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米バイオジェン】初のアンチセンス核酸薬「ヌシネルセン」を世界展開

2017年2月2日 (木)

ヴォナッソス氏

ヴォナッソス氏

 米バイオジェンの新CEOとして1月6日付で就任したミシェル・ヴォナッソス氏は、1月30日に都内で来日会見を行い、米国で承認取得し、日本でも今年下期の上市を見込んでいる脊髄性筋萎縮症(SMA)治療薬「ヌシネルセン」について、「世界中のSMA患者の朗報となる」と強調。アルツハイマー型認知症(AD)治療薬候補「アデュカヌマブ」の第III相国際共同試験の開始も予定しており、「2017年は大きな期待を持っている」と今年の抱負を述べた。

 ヴォナッソス氏は、「ニューロサイエンス、特に多発性硬化症(MS)に注力し、マーケットリーダーになっている」と自信を示す。全世界でバイオジェンが開発したMS治療薬の投与を受けている患者は、年々増加しており、MS市場全体で最大38%、直販市場では42%のシェアに拡大している。国内では、昨年12月にMS治療薬「テクフィデラ」の承認を取得した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録