HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【AMED】アドヒアランス調査を提案‐要指導薬市販後調査で新指針

2017年03月29日 (水)

AMED研究事業が素案検討

 日本医療研究開発機構(AMED)の医薬品等規制調和・評価研究事業「医薬品の使用実態試験等の実施に関する研究」(研究開発代表者:望月眞弓慶應義塾大学薬学部教授)が策定を進めている、要指導医薬品の使用実態試験(AUT)の実施方法に関するガイドライン(GL)の概要が明らかになった。

 ポイントは、要指導薬を購入した患者が、添付文書に記載されている用法・用量に従って使用できているかどうかを把握するための「アドヒアランス」調査を行うこと。そうした取り組みを通して、要指導薬が承認された後の調査期間中において、一般用医薬品としての適切性を評価する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報