HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬学会シンポジウム】熱帯病創薬の取り組み加速‐活発化する官民探索研究

2017年3月30日 (木)

満員の参加者で高い関心を集めた

満員の参加者で高い関心を集めた

 顧みられない熱帯病(NTD)の日本発創薬に向けたグローバルパートナーシップの最前線の取り組みが、25日に仙台市で開かれた日本薬学会137年会のシンポジウムで議論された。世界で顧みられない熱帯病は18疾患あり、ようやく日本でも注目され始めて政府も参画する官民基金が立ち上がるなど、国内製薬企業とDNDiなど海外の非営利団体による化合物探索が活発化している。シンポジウムでは、こうした現状を共有すると共に、製薬各社が世界の非営利団体と連携して進めている研究開発の現状が報告された。

 非営利団体DNDiジャパンの理事長を務める山田陽城氏(東京薬科大学特任教授)は、途上国の貧困層に患者が多いアフリカ睡眠病、シャーガス病、リーシュマニア病などのNTDの特性を挙げた上で、これら疾患に対する治療薬は市場性が低いため、既存の医薬品開発とは異なるシステムを目指して設立されたDNDiの活動を紹介した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録