HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

「1:0.3」確保が重要‐山本日薬会長、中医協の議論踏まえ

2017年4月10日 (月)

 日本薬剤師会の山本信夫会長は6日の定例会見で、3月29日の中央社会保険医療協議会で「調剤報酬」の議論がスタートしたことを受けてコメント。次期診療報酬改定における医科と調剤の財源配分比率「1:0.3」を「何としても確保すること」が重要との考えを示した。

 中医協では、日本医師会の委員が大手チェーン薬局による「かかりつけ薬剤師指導料」の算定件数の多さを問題視し、薬剤師代表委員である安部好弘常務理事が矢面に立つ場面があったが、かつて中医協委員を務めた自身と比較して「(安部常務は)品がいいので下品な争いはしない」としつつも、「理不尽なことを言われれば、理不尽だと言うべき」とした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録