HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【国立がん研究センター】高齢者の抗癌剤治療を調査‐肺癌75歳以上は生存に差なし

2017年5月1日 (月)

 国立がん研究センターは、高齢者における抗癌剤治療の有効性を検証した調査結果を公表した。進行癌における抗癌剤治療と緩和治療での生存日数を高齢者と非高齢者で比べた結果、科学的なエビデンスは得られなかった。ただ、肺癌患者では、75歳未満で明らかに抗癌剤治療を行った患者の方が生存時間が長く、75歳以上では大きな差はないとの傾向が見られた。同センターは、さらに全国癌登録などを用いた大規模調査を実施して高齢者への癌治療の効果を明らかにしたい考え。

 調査は、2007~08年に同センター中央病院を受診した肺癌、胃癌、大腸癌、乳癌、肝癌患者の癌登録データから治療記録、予後情報を用いた後ろ向き観察研究として行った。その結果、肺癌では、ステージIでは年齢と共に生命予後が悪くなり、特に70歳以上では明らかだったが、ステージII~IVでは患者数の少なさもあり、年齢と生命予後に明確な関係性は見られなかった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録