HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【キュア・アップ】遠隔診療で禁煙に導く‐呼気CO濃度をアプリが測定

2017年5月9日 (火)

ポータブル呼気CO濃度測定器一体型治療アプリ

 デジタルヘルスのスタートアップ「キュア・アップ」は、遠隔診療で禁煙治療の呼気一酸化炭素(CO)濃度測定を可能にするIoTデバイス「ポータブル呼気CO濃度測定器一体型治療アプリ」を開発した。測定結果は患者と医師それぞれが確認・共有が可能。ブルートゥースを使ってCO濃度のデータ送信ができるアプリは世界初という。今後、同社は禁煙治療アプリの臨床試験を開始する予定で、CO濃度測定アプリを活用していきたい考えだ。

 同社は、医薬品を用いずに“アプリで病気を治す”ことをミッションに、その第1弾として禁煙治療で「ニコチン異常症治療用アプリ」を開発している。医学的知見を搭載したアルゴリズムが、患者の状況に応じた適切な診療ガイダンスを発信し、禁煙治療に導くもので、たばこを吸いたい症状が出る前には「ガムを食べてください」などのガイダンスが発信される。今回、個人に適切なガイダンス発信を行う上で、患者が在宅でも測定可能で、医師ともデータを共有できる「呼気CO濃度測定アプリ」を開発した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録