【新製品】ムンデシンカプセル新発売‐ムンディファーマ初の抗癌剤 ムンディファーマ

2017年5月31日 (水)

 ムンディファーマは、再発・難治性の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)を効能・効果とするプレンヌクレオシドホスホリラーゼ(PNP)阻害剤「ムンデシンカプセル100mg」(一般名:フォロデシン塩酸塩)を世界に先駆けて新発売した。PTCLの適応では初の経口剤で、国内癌市場への参入を果たした。

 同剤は、PNPを阻害することで細胞内に2-デオキシグアノシン三リン酸を蓄積させ、アポトーシスを誘導し、T細胞由来の腫瘍細胞の増殖を抑制する。

 PTCL治療は、数種類の抗癌剤を組み合わせて併用するCHOP療法後の標準的な二次治療が確立されておらず、患者の多くが造血幹細胞移植の適応とならない高齢者であるため、治療選択肢が限られていた。

 同剤は、単剤療法として使用できる経口剤であり、持続点滴、入院、頻回通院などの必要がなく、患者負担の軽減が見込まれる。

 営業体制としては、MR40人と学術担当10人で、血液内科にプロモーションを行う。同剤のPTCLの適応では、注射剤でも申請している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録