HOME > 無季言 ∨ 

妊娠中の医薬品・サプリメント使用の安全性

2017年7月10日 (月)

◆多くの妊婦が妊娠中に医薬品やサプリを使用していることが、東北大学の研究グループが環境省「環境と子どもの健康に関する全国調査(エコチル調査)」に参加した妊婦約10万人を調べた結果、明らかになった
◆妊娠前1年間では約8割、妊娠判明後から妊娠12週までは約6割、妊娠12週以降は約7割が医薬品・サプリを使用した経験を持っていた
◆その内容は、妊娠前1年間は「市販されている解熱・鎮痛・感冒薬」が最も多く、「病院で処方された解熱・鎮痛・感冒薬」「全ての抗菌薬」の順で多かった。12週までは「葉酸サプリ」「病院で処方された解熱・鎮痛・感冒薬」「漢方薬」、12週以降は「葉酸サプリ」「子宮弛緩薬」「病院で処方された解熱・鎮痛・感冒薬」の順だった
◆妊娠中の医薬品・サプリメント使用の実態やその安全性に関する情報は少なく、特に日本は評価基盤が存在しなかったため、海外のエビデンスやデータに頼らざるを得ない状況だという。今後、こうした研究を通じて、日本でのエビデンス確立が望まれる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録