HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本医薬品安全性学会・学術大会】薬剤性腎障害「防止に注力を」‐発生リスク評価し、事前に対策

2017年7月27日 (木)

日本医薬品安全性学会・学術大会で強調

日本医薬品安全性学会・学術大会

 薬剤師は今まで以上に薬剤性腎障害の防止に注力しよう――。22、23日に熊本市で開かれた日本医薬品安全性学会・学術大会のシンポジウムに登壇した各演者は、そんなメッセージを参加者に投げかけた。昨年、厚生労働省の補助金をもとに日本医療研究開発機構の事業として「薬剤性腎障害診療ガイドライン」が策定され、発生防止に取り組みやすい土壌が整った。多くの場合、薬剤性腎障害の起こりやすさは予測できる。その予測に基づき対策を講じて薬剤性腎障害を防止することの重要性が強調された。

 同GLは総論として[1]薬剤性腎障害の定義、分類、診療の概論[2]薬剤性腎障害の疫学[3]薬剤性腎障害の治療[4]腎障害時の薬剤投与方法――について解説。このほか「鎮痛薬による腎障害」「抗菌薬による腎障害」「糸球体腎炎・ネフローゼ症候群に使用する免疫抑制薬」に関する各論、薬剤性腎障害原因薬物一覧表、腎機能低下時の主な薬剤投与量一覧を掲載している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録