HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

長期収載品「役割大きい」‐ジェネリック薬と相互補完関係に

2017年9月4日 (月)

 立命館大学創薬科学研究センターの製剤技術研究コンソーシアム研究会が8月25日、京都市内で開かれた。ジェネリック医薬品(GE薬)産業の展望をテーマに製薬会社の幹部らが講演。近年、新薬メーカーが長期収載品をGE薬メーカーなどに承継する動きが相次ぐ中、その存在意義について「長期収載品の役割は大きい。長期収載品とGE薬は噛み合った歯車としてお互いが役割をもって存在するべき」「長期収載品市場は縮小しているが、まだ2兆円の規模がある」など前向きな発言が相次いだ。

 武田薬品から承継した長期収載品事業とGE薬事業をグループ全体で手がけている武田テバファーマの松森浩士CEO兼社長は「ビジネスを新薬と特許切れ医薬品に分けて考える動きが約10年前から欧米のグローバル製薬会社で始まり、最近日本でも活発化している」と話した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録