HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

処方せんは370枚の大幅増‐医療経済調査の結果を公表

2006年6月22日 (木)

 中央社会保険医療協議会(会長:土田武史早稲田大学教授)は21日、調査実施小委員会及び総会を開催し、2005年6月に実施した医療経済実態調査の結果を了承した。保険薬局については、昨年11月に公表された速報値通り、経営改善傾向がみられるものの、収入に対する収支差額の割合が0.9ポイント悪化するなど、収入以上に支出が膨らんでいる状況が浮き彫りになった。また、1薬局当たりの処方せん取扱枚数は1964.6枚で、03年の前回調査より370.8枚増えていた。

 保険薬局は、法人673軒(前回593軒)、個人70軒(107軒)の合計743軒(700軒)から回答が寄せられた。回収率は62.1%。

保険薬局全体の経営状況は、収入が1272.1万円で前回より28.3%増加した一方で、支出も1201.7万円と29.7%増えている。収支差額は71.8万円と、金額は前回調査より7.6%増え、収支差額は改善されたが、収入に対する収支差額の割合をみると、前回が6.7%だったのに対し、今回は5.6%に低下しており、収入以上に支出が増え、経営の圧迫要因となっているのが保険薬局の現状のようだ。

 収支の内訳をみると、収入では保険調剤が1222.1万円で前回より31.1%増加し、収入全体の96.0%を占めた。支出では給与費が234.0万円(32.9%増)、医薬品費等が853.5万円(30.5%増)、委託費4.4万円(37.5%増)、減価償却費13.1万円(22.4%増)、その他経費96.9万円(18.0%増)となっており、人件費や医薬品費の支出が目立つ。

 法人・個人の別では、収入が法人は1321.5万円(23.9%増)、個人が796.5万円(39.0%増)。支出が、法人は1251.5万円(24.9%増)、個人が723.3万円(43.3%増)だった。

 1施設当たりの常勤従事者数は4.7人(4.1人)で、そのうち薬剤師は2.4人(2.2人)。法人薬局が4.9人(4.5人)で、うち薬剤師が2.6人(2.4人)なのに対し、個人は2.9人(1.9人)で、薬剤師が1.2人(0.9人)にとどまっている。

 処方せん取扱枚数は、全体で1964.6枚(1593.8枚)で、法人が2036.2枚(1728.3枚)、個人が1276.8枚(848.1枚)で、いずれも前回調査時に比べ、取扱枚数は大幅に増加した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録