HOME > 無季言 ∨ 

“メタボ”ばやり

2008年3月12日 (水)

◆都道府県などの自治体や健康保険組合といった保険者に、この4月から特定健診・保健指導が義務づけられ、実施されることから、いまや世の中、“メタボ”ばやりの様相を呈している。酒の席でも話題に事欠かない。「揚げ物を食べると太る」「お前のウエストはもうメタボだ」などなど
◆小太りの世のお父さんたちは、戦々恐々としているのではないか。特定健診でメタボと判定されたらどうしよう。どんな指導が待っているのか。どんな運動を毎日課せられるのか。意志が弱いから、そんなことは続けられないし、運動をやめて太ったままだったら……。各保険者はそれなりに広報しているだろうが、世の中の騒ぎによって、なかなか本当のことは分からない
◆こうした騒ぎの中で一つのメリットといえるのは、メタボに心当たりのある人が、自分の日常生活を顧みる時間ができたことではないか
◆今回の取り組みで最大の焦点は、メタボとされた人の生活習慣をいかに改善していくかということ。食事と運動の特定保健指導を受けてから、自分だけでそれを続けていけるのか。該当者の動機づけが最大の問題となる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録