HOME > 寄稿 ∨ 

【医療業界の転職マーケット】第1回 はじめに

2008年3月14日 (金)

アントニオ・ディクリスト氏
(イーストウエストコンサルティング株式会社 ヘルスケア・シニアマネージャー)

 まず初めに、今回国内で最も重要な薬事規制に関する業界紙のウェブサイトに投稿出来ることをとても嬉しく、そして光栄に思います。 そしてそのような有名な媒体で話す機会を与えてくれた薬事日報社に対して感謝の念を表したく思います。

 今日は人生において誰もが選択を迫られる最も重要な事のうちの一つ、すなわち転職について、そしてそれに関連した、最近の日本で起こっているとある際立った現象についてお話ししたいと思います。転職というコンセプトは、私や私の会社にとっては非常に馴染み深いものです。お客様の将来にとってベストの選択を行えるようなコンサルティングを行うのが我々の仕事ですから。 ところが日本ではこれはなかなか簡単に行かないのです。 日本はこれまで終身雇用の国として有名でしたし、今も国内の製薬業界においてはこの風潮はかなり根強く残っていますからね。

 ですが、この5年のあいだに大きな変化が起こり、その変化により、多くの人々が転職の利益と必要性を理解するようになったと思います。私の役割はこの変化に焦点をあてつつ、転職を考えたことの無い方々に対し、転職するよう説得するのではなく、転職機会に関する貴重な情報を提供することです。 ここで強調したいことは、製薬業界、又はいかなる業界においても、才能を持つプロフェッショナルの方々は常にあらゆる選択肢を視野に入れ、現職以外にどのようなキャリアチャンスが存在するのかを頭にいれておくようお勧めしたいということです。 将来何が起こるかは誰にも分かりませんから。

 この5年間に起きた最も大きな変化の一つに、製薬会社同士による多数の合併が挙げられます。ファイザー、ファルマシア、サノフィ・アベンティス、シェリング・プラウ、日本オルガノン・・・ しかし当時はまだ、合併は外資系企業の問題だと誰もが思っていました。 しかし山之内製薬と藤沢薬品工業が合併しアステラス製薬となるに至り、終身雇用制度の信奉者さえもが、合併は単に外資系企業の問題ではないことを理解したことでしょう。 それ以来、まるで水が堰を切って流れ落ちるかのように日本企業の間での合併が頻発してきました。第一製薬と三共、大日本製薬と住友製薬、三菱ウェルファーマと田辺製薬、そしてごく最近、もっとも驚くべきことに、武田薬品は米国カリフォルニア州に本社を置くアムジェン社と非常に興味深いライセンス契約を締結しました。 この5年間の業界の動きは非常に興味深いものがあります。 そして合併後の企業において通常起こるのが早期退職 (実質的には自発的退職ですが)の希望者の募集です。 アステラス製薬は合併に際して多数の早期退職者を募り、2年間で約380名の人員削減を行っています。 これらの変化は全て一見しただけでは気の滅入るようなニュースのように映りますが、実はこの状況からいくつかの良い点も生まれてきているのです。

 その一つとして、現在の日本の製薬業界は才能のあるプロフェッショナルにとって、より自由にアイデアを交換し、また他の優れた製薬会社において経験を積むことが出来る、以前よりオープンな場所となりました。 このことにより日本人的な考え方と外国のそれとの交流が起き、新たなアイデアや戦略が生み出され、古い戦略は改革の末新しく生まれ変わることが出来ました。 また外資系企業にとっては、国内の製薬業界における評判の改善を行う機会を得ることができました。

 また現在の状況は、高い才能を持つ知的なプロフェッショナル達の心を開かせ、新製品やビジネスに関する彼らのアイデアの独創性を高めさせ、その結果、いくつかの興味深く又意欲的なベンチャー会社が生み出されました。 過去5年間で実に600社を超える製薬関連のベンチャー企業が設立され、その数は年々増加しています。 これは企業買収や合併により直接もたらされた好影響の一つです。 私はこれらのベンチャー企業は将来の国内製薬業界において非常に大きな影響力を与えるであろうと考えています。

 そして最後に、製薬業界の再編は、転職に対する人々の目を開かせ、また終身雇用は過去の概念であるということを示す結果となりました。 これまでに多くの優秀なプロフェッショナルが同業他社へ転職し、素晴らしい成果を出すに至っています。 これは終身雇用の概念が主流だった頃には決して起こり得なかったでしょう。 製薬業界における合併や企業買収は多くの優れた方々に転職を行う事への自信と誇りを与え、また転職は彼らのキャリアの中で本来の実力を最大限に発揮するための重要なステップであることを理解する機会を与えてくれたと信じています。


Prologue

First of all I would really like to say that I am very excited and honored to be writing an article for one of the most important regulatory related magazines in the country and I want to thank Nippo for giving me the chance to speak in such a famous magazine. I want to speak today on an issue that is one of the most important but necessary choices a person has to make in there life, that is the changing of ones career, and I would like to speak about a major phenomenon that has appeared of recent times in Japan. The changing of career is something that I and my company are very familiar with. It is our job to consult people to make the best possible choice for there future. Doing this in Japan is not always the simplest thing. Japan is and has been famous for being the land of lifetime employment. This thought is still very strong in the pharmaceutical industry especially. But there has a big change of in the last 5 years that I think has opened people’s eyes to the benefits and the necessity of job change. I would like to focus on this change, not to persuade people to change their jobs, but give some valuable information to people who still have not seen the possibilities for them outside of their companies. I want to first state that I always recommend a talented professional in the pharmaceutical or any other industry to keep their options open and find out what opportunities may be available, because you never know what may happen in the future.

One of the major shake ups of the last 5 years has been the large number of mergers between pharmaceutical companies. We had Pfizer and Pharmacia, Sanofi and Aventis, Schering plough and Nihon Organon… etc, and then when everybody believed that mergers were just a gaishke problem. Yamanouchi and Fujisawa created Astellas and I believe that was a change that should have woken up lifetime employment believers to see that it is not just Gaishke that are doing this. Then just as a wall falls down as the keystone is taken there was a rush of Japanese mergers. Daiichi and Sankyo, Dainippon and Summitomo, Mitsubishi and Tanabe, and just recently perhaps most shocking of all Takeda have entered into a very interesting partnership with the California Biopharma company Amgen. It has been very interesting in the last five years. What usually follow these mergers are early retirement packages or as they should be called layoffs, as that is essentially what they are. The Astellas merger needed so many early retirement candidates that they had multiple rounds of application procedures lasting 2 years, and this early retirement process let go of 380 employees. I know this all sounds like very depressing news and it is at first thought, but there are some very good points that are coming out of this situation.

One of the good points is that the Japanese Pharmaceutical industry is now becoming a more open minded place for talented professionals to test the waters of other companies also trade ideas and gain experience at other excellent pharmaceutical companies. This has made way for new ideas to be swapped and created between foreign and Japanese minds. New strategies have been born, old strategies have been reformed and it has given a chance for Gaishke’s to improve there reputation and to the Japanese pharmaceutical world.

Another good point is that this situation has also given birth to some very interesting and ambitious venture companies. By allowing some very talented and intelligent professionals to open there minds and be more creative with their ideas for products and business. Over 600 pharmaceutical related venture companies have been born in the last 5 years, and this number is growing by the year. This is a positive direct effect to mergers and acquisitions. These companies are the future of new compounds and I think they will be a very big impact for the future of Japan’s pharmaceutical industry.

Lastly it has opened a lot of people’s eyes to the idea of changing companies and it has shown them that lifetime employment is a thing of the past. A lot of excellent people have left there companies to do amazing things in the industry, this may have never happened during the strong times of lifetime employment. The occurrence of mergers and acquisitions has given a lot of very good people the confidence to change there job and to be proud of it, to see that changing there job as an important step in their career and to reaching there full potential.


連載 医療業界の転職マーケット




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

寄稿 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録