HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【JACDS】不正請求点検、“なし”宣言できない状況

2017年10月18日 (水)

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は13日の定例会見で、調剤報酬の不正請求問題を受けて実施した自主点検の結果を公表した。それによると、自主点検票を回収した結果からは不正の事実はなかったものの、回収率が40%に満たず、ドラッグストア業界全体として「“不正の事実なし”と宣言はできない状況」(宗像守事務総長)との考えを示した。

 今回の自主点検では、約7800店舗の対象のうち、回答があったのは約2600店舗で、回答率は約37~38%と4割を切る状況だった。回答のあった約2600店舗のうち、疑義のあったものが8店舗あったが、宗像氏によると「この8店舗については追跡調査を行った。その結果、出題の意図が適切に汲み取られなかったもの」とし、「回答のあった約2600店舗については、不正はゼロだったと判断する」と述べた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録