HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【検連協】HbA1c検査機器を対象に来月から精度管理サービス開始

2017年10月30日 (月)

「検体測定室」を設置するドラッグストアも増えている

「検体測定室」を設置するドラッグストアも増えている

 指先から自己穿刺により採取した少量の血液により、糖尿病や脂質異常症などの健康チェックが可能になる「検体測定室」(ゆびさきセルフ測定室)のさらなる普及・定着に向け、生活者や同測定室の開設者などへ情報発信を行っている「検体測定室連携協議会」(検連協、座長:筑波大学医学医療系准教授・矢作直也氏)は、検体測定室におけるHbA1cの検査機器の精度管理に関する会員サービスを11月から開始する。

 日本再興戦略により、セルフメディケーションの推進が国策となり、健康長寿社会の実現を目指して、セルフケア新習慣の入口となることを期待する新たな制度「検体測定室」が2014年4月にスタートした。現在、地域住民のファースト・アクセスの場として、健康に関する相談を幅広く受け付け、必要に応じて受診勧奨をするなど、健康に関する情報提供を積極的に行う“健康サポート機能”を有する薬局やドラッグストアが増えている。これに伴って、検体測定室も9月末時点で1569カ所(厚生労働省医政局地域医療計画課調べ)となっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録