HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

日病薬・木平会長、敷地内薬局「望ましいものではない」‐状況直視しトーンダウンか

2017年11月1日 (水)

 日本病院薬剤師会の木平健治会長は、10月28日に都内で開いた地方連絡協議会で、医療機関が病院の敷地内に薬局を開設する「敷地内薬局」の動きが活発化している状況について、「望ましいものではない」との見解を示した。昨年11月21日の本紙で、日病薬の川上純一副会長が、「病診薬連携に良い影響を及ぼさない」などの理由から、日病薬として「賛成しかねる」と異を唱えていたが、それに比べるとややトーンダウンした印象が否めない。

 会議では、京都府病院薬剤師会の川勝一雄会長が、敷地内薬局の問題について、2年前に「門前からかかりつけ、そして地域へ」をスローガンに厚生労働省が公表した「患者のための薬局ビジョン」や、地域包括ケアシステムの構築に逆行することを理由に、日本薬剤師会や都道府県薬剤師会などが、「強く反対している」と説明。「日病薬としての見解と、具体的な対応策」を資した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録