HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【キョーリン製薬HD】耳鳴り治療薬の開発中止‐新たな製品導入を検討

2017年11月13日 (月)

 キョーリン製薬ホールディングスは、突発性・加齢性難聴患者を対象に国内第II相試験を実施していた耳鳴り治療薬「KRP-209」(一般名:ネラメキサン)の開発中止を決定した。ヒトへの有効性を検証するプルーフ・オブ・コンセプト試験で、期待していた有効性を見出せなかったため。

 ネラメキサンは、NMDA受容体拮抗作用とニコチン作動性アセチルコリン受容体拮抗作用の二つの作用によって、内耳、神経、大脳皮質における神経の異常な自発活動や電位を抑制することによって、聴覚路での過剰な興奮を抑え、耳鳴りに伴う心的苦痛や生活障害を改善することが期待されていた。子会社の杏林製薬が、注力する耳鼻科領域の強化を目的に、2009年に独製薬企業「メルツ・ファーマシューティカルズ」から国内独占的開発・販売権を導入した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録