HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】小児癌拠点、指定要件見直しへ‐診察範囲の年代が議論に

2017年12月7日 (木)

 厚生労働省の「小児・AYA世代のがん医療・支援のあり方に関する検討会」は1日に初会合を開き、全国の小児癌拠点病院の指定要件見直しに向け議論を開始した。特に、15~39歳の思春期・若年成人を意味する“AYA世代”の癌患者の支援などについて議論。構成員からは「拠点病院がAYA世代を含め、どこまでの範囲を診療できるかを議論すべき」などの意見が出た。来春をメドに小児・AYA世代を対象とした癌医療・支援の提供体制のあり方に関する報告書をまとめる方針。

 同検討会は、10月に閣議決定された第3期がん対策推進基本計画では、「小児癌・AYA世代の癌医療の充実」が盛り込まれたことから、小児癌拠点病院の指定要件を見直すこと、同拠点病院でAYA世代患者の診療、就学・就労の支援などをどう行うべきかなどを焦点に議論を進める。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録