HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】新社長に多田氏”事業のグローバル化推進

2008年3月28日 (金)

関連検索: 大日本住友製薬 新社長 多田正世 グローバル化 宮武健次郎

新社長に内定した多田氏
新社長に内定した多田氏

 大日本住友製薬は28日の取締役会で、新社長に多田正世取締役副社長執行役員(経営企画・海外事業推進・営業本部担当)を昇格させるトップ人事を決めた。6月27日開催の定時株主総会後の取締役会で正式決定する。なお、宮武健次郎社長は代表権のある会長、岡本康夫代表取締役会長は相談役にそれぞれ就任する。

 同社は大日本製薬と住友製薬が合併して05年10月に発足。昨年2月には「グローバル化に向けた事業基盤の強化」を目標とした中期経営計画を策定し、国内の収益基盤の強化や海外事業基盤の整備を推進している。今後、グローバル開発・販売体制の構築を進め、海外事業の基盤強化を図るために、社長交代を決めたもの。国際畑が長く、経験豊富な多田氏のもと、今後は同社の課題であるグローバル展開を積極的に進めていくことになる。

 多田氏は、1945年1月生まれの63歳。68年に東京大経済学部卒業後、住友化学工業(現住友化学)に入社。取締役、常務、常務執行役員を経て、05年1月に旧住友製薬常務執行役員に就任。05年10月の大日本住友製薬発足時には取締役専務執行役員に就いたあと、07年6月からは副社長執行役員(経営企画・海外事業推進・営業本部担当)を務めていた。

関連リンク

関連検索: 大日本住友製薬 新社長 多田正世 グローバル化 宮武健次郎




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録