HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アンジェスMG】HGF遺伝子治療薬を承認申請へ

2008年3月31日 (月)

関連検索: アンジェスMG HGF遺伝子 承認申請

 アンジェスMGは3月28日、末梢性血管疾患の閉塞性動脈硬化症とバージャー病を適応症に、HGF遺伝子治療薬(一般名:ベペルミノゲンペルプラスミド)の承認申請を厚生労働省に行ったと発表した。遺伝子治療薬としては、日本で初めての承認申請となる。

 HGF遺伝子治療薬は、肝細胞増殖因子HGFを産生する遺伝子を虚血部位に投与することで、局所にHGF蛋白を発現させ、血管新生を促して虚血状態の改善を図るもの。国内大学の研究成果に基づく国産遺伝子治療薬として、日本での開発が先行して進められてきた。昨年6月には、閉塞性動脈硬化症患者を対象に実施された国内第III相臨床試験で、良好な中間解析結果を得た。

 これを受け同社は、承認申請の準備を進めてきたが、今回遺伝子治療薬としては、日本で初めての承認申請に至った。日本での承認取得後は、「コラテジェン」の製品名での販売が予定されている。

 HGF遺伝子治療薬は、米国で末梢性血管疾患を対象とする第II相試験、虚血性心疾患を対象とする第I相試験が進められている。今後、順調に審査が進めば、世界に先駆けて日本で遺伝子治療薬が登場することになりそうだ。

関連検索: アンジェスMG HGF遺伝子 承認申請




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録