HOME > 無季言 ∨ 

不祥事が目立った年

2017年12月25日 (月)

◆年越しまであと数日。今年はやたらと不祥事が目立った。これらは本当に国民・患者という視点が抜け落ち、会社の利益追求、自分の保身しか考えていない行動に映る。組織自体の制度疲労なのだろうか
◆それはさておき、最近、ある医薬品卸の人と話す機会があった。その人いわく、「今年はインフルエンザワクチンの供給不足で、MSは大変だった」。また、高齢者の知り合いからは「インフルエンザワクチンは打っておいた方がいいのかね」と
◆こうした質問に対して「ワクチンは打った方がいいかもしれないが、今はいい抗インフルエンザ薬があるので、咳や熱が出たらすぐに医師にかかり、検査をしてもらい、インフルエンザならば薬を処方してもらった方がいいです」と答えた
◆ワクチンを打ったとしても、インフルエンザにはかかる。小児や高齢者は症状緩和のためには必要なのかもしれない。大人は薬を処方してもらい休養が一番だ。年末の大掃除が待っている。お風邪を引かぬように。読者の皆様、今年もありがとうございました。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録