HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬事日報・薬価改定状況調査】大手の改定率「5~7%台」‐オプジーボの小野は14%弱

2018年3月8日 (木)

中堅以下は二桁の引き下げ

 4月1日の薬価改定を受け、本紙で国内製薬各社の薬価改定状況のアンケート調査を実施した。薬価制度の抜本改革が施行される来年度だが、製薬大手・準大手は5~7%台の平均改定率となった。10%を超えたのは、小野薬品、キッセイ薬品、あすか製薬、生化学工業、日本ケミファ、Meiji Seika ファルマ、ヤクルト本社と主に中堅以下の企業に集中し、厳しい改定となった。用法用量変化再算定品目の抗PD-1抗体「オプジーボ点滴静注」が2割以上の引き下げとなった小野薬品が14%弱と大きな影響を受けた。ジェネリック医薬品メーカー大手3社は12~13%のマイナスとなった。

 大手企業で最も影響が小さかったのは、大塚製薬の約5%。汎用品目では、主力の抗精神病薬「エビリファイ」が特許満了により錠剤が新薬創出等加算を返還し、持続性水懸筋注用は特許期間中だが対象から外れた結果、18%の引き下げとなった。しかし、新薬創出等加算の経口水利尿薬「サムスカ」が0.3%減、抗てんかん剤「イーケプラ」が0.4%減となり、前回の8%よりも下げ幅が小さかった。アステラス製薬も降圧剤「ミカルディス40mg」が1.2%、消炎鎮痛剤「「セレコックス100mg」が0.6%減、COPD治療薬「シムビコート60吸入」が0.5%減と影響が小さく、ワクチンを除く改定率は5%台半ばとなった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録